Jane's Blog Japanese

Blogs from Aglow International

jane speaks JP

JAN
14

解放、救い、完成の年2014年 (2014 - A Year of Deliverance, Salvation & Completeness)

2014年にようこそ!この新しい年について私が考えたことを分かち合いたいと思います。2014年は多くの面において解放と救いそして完成の年となることでしょう。2014年はすばらしい年になります。ですから大いなる事を期待しましょう。

数字を見てください 2014という数字ですが、ヘブライ語には100万を表す数がありません。ヘブライ語では100万を表すのに「千の千倍」という言葉が使われていました。たとえば黙示録5:11には「また、わたしは見た。そして、玉座と生き物と長老たちとの周りに、多くの天使の声を聞いた。その数は万の数万倍、千の数千倍であった。」と書かれています。2000という数字は1000と関係があります。1000という数字は  神の完全性  神の栄光  ご自身のものを保護し守られる神 に関連があります。

完全性とは完全な状態にすることであり、願望を終結させることであり、何かが完全に成し遂げられることです。守りとは損害や破壊から防御し保護することであり、損失から守り、救うことです。

Continue reading
JUL
29

現在に立ち、将来を宣言する (Standing in the Present, Proclaiming the Future)

 現在に立ち、将来を宣言する、これが2014年イスラエルの地におけるアグローのテーマでした。参加者は13カ国から200人以上に上りました。シリアのダマスカスを見下ろすゴラン高原、テルアビブからテベリア、ベツレヘムの羊飼いの丘からエルサレムのオリーブ山に至るまで、私たちは現在に立って将来についての神の御心を宣言すると言う目的に集中し続けました。

25人の若者からなるジェネレーションのグループは、ガリラヤ湖でボートに乗ったときから最後のディナーのすばらしいフィナーレに至るまでどこにおいても歌い、天国で踊られるようなハッピーなダンスをしました。それは全員がお祭りムードに加わる、楽しく、うきうきする愉快な時でした。

増し加わる理解
イスラエルで過ごしたこの時間、私たちは2001年に初めて与えられたアグローのイスラエルに関するマンデートがさらに明らかになるのを共同体として体験しました。私たちの理解力は増し加わり続けています。そしてアグローのイスラエルに対する召しの目的がさらにはっきり見えるようになり、さらに神の御心がわかるようになっています。これはさらに深く理解して祈ることができるようになるためなのです。

将来を語る現在のしるし
当時のユダヤ人指導者と語った時イエスは言われました。「『祝福あれ。主の御名によって来られる方に。』とあなたがたが言うときまで、あなたがたは今後決してわたしを見ることはありません。」

預言者エレミヤ(16:15)によると国々から再び集められ自分の故国に帰るユダヤ人はかなりの数に上ることがわかります。イザヤとエゼキエルによるとかなりの数の人々がイエスの再臨の前に目が開かれてイエスを受け入れるようになります。そしてそれは今起こっているのです!現在イスラエルには2万人以上のユダヤ人ビリーバーがおり、その数は増え続けています。神がご自分の民と結ばれた契約は永遠の契約です。ユダヤ人を国々の光とするという神のご計画はこれから成就するのです。出エジプト記19:6で語られたようにユダヤ人を祭司の王国、聖なる国民とするという神の御心は世界の富となるのです。

Continue reading
JUL
30

アグローとは何をしている団体なのですか?(What Exactly Does Aglow Do?)

 sunrise web最近、友達がアグローの行事で話をしました。その集会の後アグローにきたばかりの人が「アグローとは何をしている団体なのですか?」と質問してきました。

こんな時には、自分の団体の価値を証明するとともに、相手が感銘を受けてその働きに加わりたくなるようなことを並べ立ててしまいたくなるものです。これが人間の性質なのです。

私は自分の心の中に同じ願いがあることに気づきました。そして同時に47年間力強い聖霊の働きに支えられ続けているアグローの誕生そのものが奇跡であることにも気づきました。私は神の威光と語りつくせない知恵を賛美し始めました。「私たちが何をしているのか」と言う単純な質問に十分に答えることのできる人がいるでしょうか?人々に対して、私たちに資格があるとする方法で神の御霊の働きを測ることができる人がいるでしょうか?

すぐに私の頭に御言葉の箇所が浮かびました。それは神とヨブの間で繰り広げられたものでした。神はヨブに尋ねました。わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、だれが測りなわをその上に張ったかを。その台座は何の上にはめ込まれたか。その隅の石はだれが据えたか。そのとき、明けの星々が共に喜び歌い、神の子たちはみな喜び叫んだ。あなたが生まれてこのかた、朝に対して命令を下し、暁に対してその所をさし示し、これに地の果て果てをつかまえさせ(たことがあるあるか。) あなたの声を雲にまであげ、みなぎる水にあなたをおおわせることができるか。だれが心のうちに知恵を置いたか。だれが心の奥に悟りを与えたか

Continue reading