Jane's Blog Japanese

Blogs from Aglow International
JAN
08

神に圧倒されて (A Story of Being Overtaken by God)

巡回説教者が聖霊の満たしについて力強いメッセージをしました。説教者は御言葉の奉仕の後、すぐに発たなくてはならなかったため、若い賛美奉仕者が心地よいテノールで締めくくりの歌を歌い始めました。しかし、その賛美をほんの少し歌ったところで、奉仕者は喉を詰まらせてむせび泣き始めました。彼は「自分に何が起こったのかわかりませんでした。でも自分の人生と働きの上に聖霊の満たしが必要だということは分かっていました。」と言っています。彼はくずおれてひざまずき、「神様、私の罪、冷淡さ、霊的なことへの無頓着さ、批判的態度をお赦し下さい。主よ、あなたの聖霊によって新たに満たしてください。」と声を上げて祈りました。

突風で稲が倒れるように、全会衆は聖なる神の御前にひれふしました。聖霊の風がすべての人の心に吹き込み、罪に目を開かせたのです。その中には長い間忘れていた罪もありました。人々は涙を流しながら「神よ、あわれんでください!赦してください。聖めてください。」と声を上げて祈りました。そして声を震わせながら、自分の罪を告白するために次々に立ち上がったのです。

Continue reading
JAN
08

巨人、イナゴ、好意、神 Giants, Grasshoppers, Favor & God

民数記は神の品格と方法について多くのことを明らかにしています。イスラエルの民はヤハウェによってエジプトから解放された後シナイ山のふもとに落ち着いていました。イスラエルの民は荒野にいた間に何度も神の御業を見る機会がありました。さて、パランの荒野で主はモーセに「人々を遣わして、わたしがイスラエル人に与えようとしているカナンの地を探らせよ。」と仰せられました。

別の「見方」をするチャンス

これは神がご自分の民とされたイスラエルの民のアップグレードの時となるはずでした。この偵察はその地がどのような土地であるのかを見、町々に住む人々や土地の様子を知るために行われました。神は単に「勇気を出しなさい」と言っただけでした。神はすでにご自分の民にこの地を与えることを明確にしておられたので、イスラエルの民はどんなものを見たり聞いたりしても怖がったり、困惑したり、圧倒されたりする必要はありませんでした。ヤハウェが「これはあなた方の土地だ!」とおっしゃったので、信仰の目で見ることができたからです。

Continue reading
JAN
08

聞けや歌声 (Hark the Herald Angels Sing)

すばらしい音楽と愛らしいデコレーションそして喜びと期待感に満ちた麗しいクリスマスシーズンの中で、悲しみもまた明るみに出ることがあるのに気づいたことがありますか?

一年のこの時期、困難な事柄が特に増大するように見えることがあります。私たちの心の弱い場所はさらに弱くなるように思えます。それは私たちが神に押し迫り、長い間答えを待っていたにもかかわらず、期待している打ち破りに手が届かないように思える事柄です。神の臨在の中に住まうことを学んでいるにもかかわらず、困難な状況の中で悲しみに圧倒されてしまうことがあるのです。私たちは簡単にはいかない現実の問題に直面する生身の人間です。私たちの信仰が足りないのではありません。これはむしろ天からの答えを期待して待つ期間の長さの問題なのです。

Continue reading